よくある質問(FAQ)



ワールドシップオーケストラのプロジェクトに関してご不明な点がある場合は、まず以下のよくある質問をご覧ください。
その他のご質問については、お問い合わせフォームあるいはLINE@にてお気軽にお問い合わせ下さい。

◎参加条件や渡航について

メンバーにはどんな方が多いのでしょうか?

これまでに、10代〜60代の男女がプロジェクトに参加しています。内訳としては、学生の方が7割、社会人の方が3割程度です。音楽を専門にしている方、部活動や地域のオーケストラなどで演奏されている方まで、音楽との関わりは様々です。
「過去の参加者の声」により詳しくこれまでのメンバーの紹介をしておりますのでご覧ください。
http://world-ship.org/orchestra/voices/

プロジェクトに初参加で不安です。初参加の方はどれくらいの割合でいますか?

2017夏のプロジェクトを例にとりますと、参加者の約7割の方が初参加でした。プロジェクト毎に集まるチームですので、初めての方、海外経験の無い方も問題なくご参加いただいております。

しばらく楽器を演奏しておらずブランクがあるのですが、大丈夫でしょうか?

これまでにも、ブランクを経てご参加いただいたメンバーは少なくありませんのでご安心ください。限られた時間の中で演奏会をつくり上げるオーケストラですので、事前にしっかりと練習をして頂くなど、合奏に問題なくご参加頂けるようご対応をお願い致します。

これまでの演奏を聴くことはできますか?

過去の演奏動画をまとめてありますので、こちらからご覧ください。
http://world-ship.org/orchestra/videos/

航空券の手配は自分で行うのでしょうか?

日本から現地までのフライトは、ワールドシップから到着日を指定の上、参加者の皆さまに手配をお願いしております。航空券の予約に慣れていない方も、事前に詳しくご説明いたしますのでご安心ください。利用する航空会社などの条件によって異なりますが、航空券代の目安は、燃油サーチャージ込でフィリピン往復2.5〜6万円、カンボジア往復4〜6万円、インドネシア往復4〜6万円程度をご想定下さい。

パスポートを持っていないのですが、今から作って間に合いますか?

パスポートは申請から1週間程度で受け取れますので、プロジェクト参加決定後から申請をされても十分間に合います。詳しくは各パスポートセンターHPをご参照ください。

参加費以外にどれくらいお金が必要ですか?

参加費の他にかかる費用として、航空券代とビザ取得費用(カンボジア=3,000円〜4,000円程度)、海外旅行保険の費用(全プロジェクト=3,000円〜5,000円)がかかります。この他に、現地での食費や個人的なお土産代など1〜2万円ほどご用意頂ければ問題なく過ごせます。

名古屋在住なのですが、東京で事前練習を行うインドネシアプロジェクトへの参加を希望します。名古屋で行われるカンボジアプロジェクトの事前練習に出席することは出来ませんか?

各プロジェクトを通じて主な曲目が共通しているため、別日程、別地域でのリハーサルにご参加頂くことも可能です。(たとえば、1/13,14に東京で行われるフィリピンプロジェクトの練習に参加が難しい場合、1/20,21に名古屋で行われるインドネシアプロジェクトの練習に参加する、など。)ご希望の場合はご相談ください。
ただし、プロジェクト毎にメンバーが異なるため、極力ご参加いただくプロジェクトの練習にご参加ください。

どうしても抜けられない用事があって、国内練習に一日出られません。プロジェクトに参加できませんか?

原則として全日程参加をお願いしておりますが、どうしても全日程の出席が難しい場合はご相談ください。

プロジェクト中に成人するのですが、親の同意書は必要ですか?

現地プロジェクト開始日時点で未成年の方には保護者の方の同意書を頂いておりますので、必要となります。

◎現地での生活について

宿泊施設はどんなところですか?

プロジェクト中の練習・演奏拠点に近いホテルの中から、実際にスタッフが事前に宿泊チェックの上選定しています。全部屋冷房完備しており、タオルやシーツも毎日交換してくれるホテルです。シャワーからはお湯も出ます。滞在中はメンバー2〜3名の相部屋となります。

現地滞在中に体調を崩してしまった場合の対応を教えて下さい。

参加者の皆さまには、必ず海外旅行保険に加入して頂いております。保険があれば現地病院にて診察を無料で受けることが可能です。夜間緊急診療の際も、スタッフが英語で通訳をいたします。また、海外旅行保険の手続きに不慣れな方も、ワールドシップが推奨している損保ジャパンの保険をご紹介いたしますのでご安心下さい。

現地滞在中、日本と連絡は取れますか?

ホテルやカフェなどでWifi(インターネット)を利用できますので、日本との連絡も可能です。また、スタッフはポケットWifi端末と携帯電話を持ち歩いておりますので、緊急時の日本からの連絡の受信、あるいは日本への緊急連絡の発信も可能です。

英語が堪能ではないのですが、大丈夫でしょうか?

語学力は特に必要ありませんが、現地の演奏家と練習・演奏をする際など、最低限の英会話が出来ると交流の密度はぐっと深まります。少しでも事前に勉強しておかれると、より良いプロジェクトになるでしょう。

治安・安全面は問題ありませんか?

ワールドシップは、安全面を最優先に考えてプロジェクトを組み立て、活動中もスタッフが注意を払っております。ただ、いずれの国もアジアの新興国ですので、日本と比較すると、治安・衛生上安全ではない部分もあります。万が一の病気や事故の場合はワールドシップのスタッフが通訳サポートをして現地の医療機関との連携で緊急対応を行いますが、現地滞在中はしっかりとスタッフからの指示に従い、かならず集団行動し、軽率な行動は慎むよう気をつけて下さい。過去の参加者の声が参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。
過去の参加者の声

◎楽器について

楽器は日本から持参するのですか?

原則、演奏楽器はご自身でご準備いただきます。チェロ、コントラバス、チューバ、大型打楽器については現地で共演団体からレンタルをしますので、該当楽器の奏者の皆さんは現地滞在中、その楽器にて演奏をしていただきます。コンディション管理もお願いします。その他弦楽器など現地での貸出が可能な場合もありますのでご相談下さい。また、“My楽器forYOU”のプロジェクトで日本の支援者様からご寄付頂いた楽器をツアー中使用し、プロジェクト後は現地のユースオーケストラに残していくという方法もあります。

国内練習では大型楽器を借りられますか?

借りられる可能性があります。個別にご対応いたしますので、ご相談ください。

◎その他のご質問

個人的に問い合わせできますか?

このホームページ上のフォームからお問い合わせいただくか、メール、Line@、Facebookページよりメッセージしていただくことも可能です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

過去の参加者からの声

クリックすると、過去のプロジェクト参加者からさらに詳しい感想、参加を考えている方へのメッセージが読めます。