スタッフ紹介



農澤明大(代表)

  スクリーンショット 2014-10-20 21.57.43   Facebookアカウント

農澤が語る「これまでとこれから」をコチラのインタビュー記事からご覧いただけます。

MESSAGE

生の音楽の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの人に伝えるにはどうすれば良いのだろうと考えていた私は、音大在学中「アウトリーチ(教育的音楽普及)活動」に出会い、アウトリーチこそがその最も効果的な活動であると考えるようになりました。オーケストラによるアウトリーチを海外において行い、その経験を各自が日本に持ち帰って全国に散らばせ、世界に、そして日本中に生の音楽の素晴らしさを伝えることが、ワールドシップには可能だと思っています。
本物の音楽とは何なのでしょう。プロオケによる演奏が本物なのでしょうか。私は、プロ・アマという区別は関係ないと思います。ワールドシップに参加したいと考えてくれる方に、プロ顔負けの演奏を求めはしません。ですが、99%の子どもたちにとって、初めてのオーケストラ。私たちの演奏によって、生の音楽はこの程度なのかと見限られる可能性もあれば、一生心に残る可能性もある。だからこそ、奏者全員が自分の責任を果たし、全力を尽くす努力は必要です。私たちにはきっとそれだけの責任があります。本物をつくり、届けたいと思う方。共に旅に出ましょう。

PROFILE

奈良市出身。四方恭子、五十嵐由紀子の各氏に師事。大阪クラシック、ムジークフェスト奈良など多くのイベントに出演。国際音楽学生フェスティバル2012日本選抜メンバー。また、フランス、イタリア、オーストリア、ドイツ、フィリピンなどで路上ライブを敢行、好評を博す。2011年東日本大震災直後には友人らとチャリティーライブを二週間にわたって行い、約200万円を義援金として送る。2013年よりタリス室内合奏団コンサートマスターに就任。2013年にはドイツにてBerliner städt Streicher、Orechester Berliner Musikfreundeの練習に参加。第40回奈良県新人演奏会に出演。UUUオーケストラ四期コンサートマスター。国内でも多くのオーケストラに賛助として出演。現在はオーケストラを中心に後進の指導にあたるなど、関西を中心に精力的に活動中。Sony music主催Stand up!オーケストラメンバー。第7回秋篠音楽堂室内楽フェスタにて聴衆賞受賞。第35回国際口笛コンクールティーンエイジ部門全体2位入賞。読売、毎日、朝日新聞に載り、NHKならナビ、奈良テレビゆうドキッや地元ラジオに生出演し、インタビューを受ける。2019年冬放送、探偵ナイトスクープにも取り上げられる。奈良女子大学附属中等教育学校、相愛大学音楽学部音楽学科弦楽器専攻卒業、神戸大学大学院国際文化学研究科芸術文化論コース博士課程前期修了。中学校教諭一種免許状(音楽)及び高等学校教諭一種免許状(音楽)所持。